本文へスキップします。

お知らせ:詳細

いまからでも遅くない!助成金を利用してテレワーク導入! 「テレワーク」のお悩みをトータルサポートする『安心テレワークサービス』にお任せ

2020年04月08日ニュース

安心テレワークサービス開始!助成金申請サポート、ツール選定などお任せ!

助成金の応募締切は5月12日(火)!
※詳細は東京都のリリース参照
東京都は3月6日より、新型コロナウイルスなどの感染症拡大防止策として、テレワーク環境整備を支援する 「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」の募集を開始しました。
東京都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業を対象に、テレワークの導入に必要な機器やソフトウエアなどの経費を助成するもので、限度額は最大250万円になります。

◆申請の受け付け期間は3月6日から5月12日まで!
なお、予算の範囲を超える申請があった場合、受け付け期間内でも終了することがあるため、早めの申請が必要となります。
また、対象は下記の通りのため、早急な手配が求められます。

◆申請資格
・常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
・東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」への参加
・助成事業の支給決定通知日から6月30日までに完了する取り組み

しかし…これらの助成金申請締め切りは5月12日(火)です。

▶︎申請方法が分からない
▶︎IT環境に詳しい社員がいない
▶︎どんなツールを使えばよいの?
▶人手が足りず手配や申請に工数を割けない
▶導入後はどうすればいいの?

こんな悩みを抱えていても、今、イチから始めたら間に合いません!
そこで、キューアンドエーワークスのテレワーク助成金申請サポート安心テレワークサービス」にお任せください。

申請サポートはもちろん、テレワーク用選定ツールの利用サポートを行う「ヘルプデスク※①」やPCログを独自のAIで分析し従業員の勤務実態を把握するための「テレワーク診断サービス※②」(※①②:オプションサービス)など、テレワーク導入に伴う手厚いサポートが当社の特徴です。

安心テレワークサービスのお問合せ・お申込みはこちらから!

【「安心テレワークサービス」の提供メニューと価格】※価格は税抜き
No サービス 内容 期間
1 申請サポート 当社にてテレワーク助成金の申請サポートを行います。
2 環境確認 実際にテレワークが可能な環境になっているか確認致します。 2日〜
3 ツール選定 ヒアリングを実施し、各種ツールの選定を行います。 2日〜
4 申込代行 ツール選定後、該当ツールの申込(手配)を当社にて行います。 2日〜
5 ユーザー登録代行 利用者登録を当社にて一括で行います。 2日〜
6 初期設定 貴社環境に合わせてツールが即利用できるように当社にて初期設定を行います。 2日〜
7 マニュアル作成代行 貴社の規定に基づいた利用マニュアルを作成致します。 2日〜

400,000円〜

※1名~100名まで、101名以上は別途50,000円/人加算になります。

【オプションサービス】

No サービス 内容 期間
1 ヘルプデスク テレワーク用選定ツールの利用サポートを行います。(電話/メール/遠隔ツール)

50,000円〜

※10名単位 受付時間:平日10:00~17:00
No サービス 内容 期間
2 テレワーク診断サービス
(RoboRoid-HIT.s log)
PCログを独自のAIで分析し従業員の勤務実態を把握致します。
RoboRoid-HIT.s logの詳細

※テレワーク診断サービス価格:別途お見積り(参考:初期費用 10,000円~ 基本料 2,000円 1,400円/台~)
PCログを独自のAIで分析し従業員の勤務実態を把握する診断サービス(RoboRoid-HIT.s log)の詳細はこちら

【補足:東京都の事業継続緊急対策(テレワーク)助成金概要】
<助成の内容>

助成対象 助成の対象となる費用の例 助成金上限・助成率
・機器等の購入費
・機器の設置・設定費
・保守委託等の業務委託料
・導入機器等の導入時運用サポート費
・機器のリース料
・クラウドサービス等ツール利用料
・パソコン・タブレット・VPNルーター
・VPNルーター等、機器の設置・設定作業費
・機器の保守費用
・導入機器等の操作説明マニュアル作成費
・パソコン等リース料
・コミュニケーションツール使用料
限度額:250万円
助成率:10/10

◆東京都のリリースは こちら
◆助成金募集要項などは こちら

安心テレワークサービスのお問合せ・お申込みはこちらから!